スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8000円で1泊2日水戸 の旅(その5)

大手橋の正面に建つのは江戸末期の藩校「弘道館」。ここは未来のリーダーを育てるための英才教育機関で、15代将軍・徳川慶喜も学んだという。入館料は190円。


弘道館_正門

重要文化財となっている正門


弘道館_正庁

「正庁」と呼ばれる本館の玄関。これも重要文化財


弘道館_庭園1

庭園に咲く梅


弘道館_庭園2

黄色いのは、「さんしゅゆ(山茱萸)」と呼ばれる樹木に咲く花


弘道館_庭園3

紅梅と白梅のコントラスト。盛んに写真を撮っている人も見かける


弘道館_対試場

「対試場」と呼ばれる広場。武術の試合が行われた


弘道館_拓本掛軸

「正庁正席の間」。奥の掛け軸は創立者の徳川斉昭筆による「弘道館記」。約500文字の漢詩で書かれたたいわば教育方針のようなもの


弘道館公園1

塀の外にも入場無料の公園が広がる。梅は7~8分咲きといったところか


弘道館公園2

近所の幼稚園の野外保育にも使われる


弘道館_土塀

土塀に囲まれた「弘道館」


県庁三の丸庁舎

裏手に建つ洋館は県庁の「三の丸庁舎」


三の丸小学校

弘道館に隣接した「三の丸小学校」。建物はコンクリート造ながら、外観のデザインは和風


銀杏坂

「銀杏坂」と呼ばれる目抜き通りを通って駅へ戻ることに


水戸東照宮

途中に現れる鳥居は「水戸東照宮」
400年ほどの歴史を持つ由緒ある神社で、「勝負の神」として知られ、お守り「勝守」は人気の的だとか


<つづく>
スポンサーサイト

テーマ : 格安旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

このページについて

鉄道旅行なび

Author:鉄道旅行なび
おトクに電車を利用する。
そんなとっても値打ちのある旅行商品を紹介するページです!

目次
記事追加情報
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。