スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8000円で1泊2日水戸 の旅(その1)

体験記シリーズの4回目は、「スーパーおどろきダネ!」を使った水戸への小旅行。


東京から水戸までの距離は120キロほどで、常磐線の特急「スーパーひたち」ならわずか1時間で着きます。
「ご老公さま」と「偕楽園」で有名な水戸ですが、首都圏からだとわざわざ泊りがけで出かけるほどの距離ではないという認識が一般的でしょう。箱根や鬼怒川のように温泉でもあるのなら別だったでしょうけど。
でも、「スーパーおどろきダネ!」の存在を知ってしまうとその認識は少し変わるかもしれません。

水戸駅前にはJR系のホテル「メッツ水戸」があります。
大半が日帰り客で占められる来県者を少しでも取り込みたいという気持ちがあるのかどうかは知りませんが、JR系の旅行代理店「びゅう」では、往復特急利用+ホテルメッツ1泊朝食付で何と8000円、という超お買い得プランが発売されています。

条件は、(往路)上野21:30発「フレッシュひたち67号」、または22:00発「同69号」、(復路)水戸20:52発「フレッシュひたち64号」、または21:52発「同68号」利用限定で、あとはフリープランというもの。
上野―水戸間を「フレッシュひたち」の正規運賃+料金(指定席)で往復するだけで8040円かかりますから、ホテル代はタダということです。
金曜と日曜出発は少し高くなりますがそれでも8800円。
金曜日の夜に上野から特急で現地に向かいホテルで宿泊、翌土曜日1日たっぷり遊んで夜帰宅、翌日曜日はゆっくり休んでリフレッシュ、という誠に都合の良いスケジュールを組むことができるというわけです。
ホテル代がタダまたは800円なら、1泊してみるのも良いかも、と感じるのは至極自然なことであります。


「スーパーおどろきダネ!」クーポン類

クーポン類一式
ホテルバウチャー(予約票=左上)、びゅう会員券(左下)、往路のJR乗車票1(「フレッシュひたち」特急券と乗車券に相当=中上)、復路のJR乗車票(「フレッシュひたち」特急券と乗車券に相当=中下)、「ホテルメッツ」パンフレット(右)


今回のテーマはオーソドックスに徳川の史跡と梅が見ごろの偕楽園、それに新しい水戸の名所「アートタワー水戸」にも立ち寄ってまいります。レポは12日から。


それではこれから行ってまいります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

このページについて

鉄道旅行なび

Author:鉄道旅行なび
おトクに電車を利用する。
そんなとっても値打ちのある旅行商品を紹介するページです!

目次
記事追加情報
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。