スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新幹線+宿泊プランを使った大阪1泊2日の旅(その4)

今回利用したツアーは、トップツアー企画・実施の「フリープラン大阪・神戸」
内容は、往復の新幹線と現地の宿泊1泊分がセットになった、大変おトクなものです。
新聞広告や大手旅行代理店で見かける、「ダイナマイトプライス!東京―札幌1泊2日 航空券付きで29800円から」などの新幹線版と考えれば、間違いありません。

条件も、それほど制約があるわけではなく、

1.東京・品川・新横浜・小田原のいずれかの駅から出発し、同じ駅に帰着する。
2.出発日、および帰着日に運転されている「のぞみ」「ひかり」「こだま」いずれか1列車を利用する。
3.リストに掲載されているホテルのいずれかに1泊以上宿泊する。

だけで良いのです。
たとえば、通常のきっぷとは異なるので改札は別のところを通らねばならないとか、ホテルの朝食メニューが異なるとか、朝刊サービスが受けられないとかの心配も一切不要です。すべての面において、通常のサービスと変わることはありません。
また、何時にはどこに居なければならないなどの制約も一切なく、行動は完全に自由です。添乗員も付きません。
要するに100パーセント、きっぷと宿泊券代わりに使えるというわけです。

それでいて価格は、たとえば、YAHOOの人気ビジネスホテルランキングで上位に顔を出す「新大阪江坂東急イン」を選んだ場合、東京駅出発・帰着「ひかり」普通車指定席往復で27000円。

東京―新大阪の正規の「ひかり」普通車指定席価格は27500円ですから、宿泊まで付いてるのに単純往復の交通費より安いということになります。

さらに、片道当たり2000円を追加すればグリーン車にアップグレードできます。
ちなみに、正規のきっぷでの普通車指定席とグリーン車の差額は4640円です。

これを使わない手はありません。


プラン価格の基準は「ひかり」往復ですが、片道当たり1600円の追加料金を支払うことによって「のぞみ」も利用できます。つまり、往復とも「のぞみ」を利用した場合の宿泊付きのねだんは、30200円。
ちなみに、東京―新大阪の正規の「のぞみ」普通車指定席価格は28100円。もちろん交通費のみのねだんで、宿泊費は別計算です。


JRでは、「エクスプレスカード」や「回数券」「ひかり早得きっぷ」など、割引サービスを繰り広げていますが、宿泊を伴う旅行となると、「価格面でセットプランに勝てるものはない」といっても過言ではありません。
次回は、正規きっぷやトクトクきっぷ類との比較をテーマに話しを進めてみましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

このページについて

鉄道旅行なび

Author:鉄道旅行なび
おトクに電車を利用する。
そんなとっても値打ちのある旅行商品を紹介するページです!

目次
記事追加情報
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。