スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本旅行「のぞみ号で行く名古屋 ビジネス&フリープラン」

広島~名古屋間には航空機の設定はなく、「のぞみ」で片道2時間20分ほどの距離ですから、ほぼ選択肢は新幹線しかないといえます。
しかし、「セレナーデ」号という夜行バスが定期運行しており、運賃は片道8400円・往復15100円。「のぞみ」の運賃+料金は片道13830円・往復27660円ですから、かなり開きがあります。また、年末年始や春休みなどにはツアーバスも運行され、こちらは片道5800円程度から。
「のぞみ」の割引回数券も発売されていますが、1枚あたり片道12910円・往復25840円と7%にも満たない割引率。価格競争力といった観点からは、非常に乏しいものがあります。


そこで威力を発揮するのが、この日本旅行 赤い風船「のぞみ号で行く名古屋 ビジネス&フリープラン」。
往復の新幹線と名古屋市内の37のホテルがセットになったもので、シングルルーム1泊付で24600円(名古屋錦ワシントンホテルプラザ)から。「ルートイン」クラスのビジネスホテルから、名古屋駅前のタワーに隣接する高級ホテル「名古屋マリオットアソシアホテル」まで幅広い選択肢からチョイスできます。
列車は、広島8:07~14:44発(名古屋10:29~17:09着)、復路が名古屋11:53~18:35発(広島14:05~20:56着)の直通便。これ以外の「のぞみ」だと、正規のねだんに近くなりますが、普通に朝出て翌日以降の晩までに帰宅するパターンであればほぼ当てはまる条件といえます。
なお、東京発着も同じですが、名古屋~広島を直通する列車に限られており、新大阪などで後続に乗り換えることはできません。


このプランは、早割りや連泊割引が設定されていることが特徴。ホテルによっては、22日あるいは30日前までの申し込み、あるいは2泊目以降の宿泊料金が500円引きとなるものがあります。


オプションは、名古屋観光ルートバス「メーグル」号。名古屋城・テレビ塔・ノリタケ記念館などの観光地を連続して結ぶ乗合バスで、1日乗り放題500円。そのほかにも、名古屋地下鉄・バスが1日乗り放題の乗車券(850円)や、名鉄が定められた期間内が乗り放題になる「まる乗り1DAYフリーきっぷ(3000円)」・「名鉄電車全線2DAYフリーきっぷ(3800円)」・土休日に発売されるJRの「青空フリーきっぷ(2500円)」などを組合わせれば、かつての周遊券と同じような使い方が可能です。


このプランはネットでは申し込みできません。パンフレットは最寄りの日本旅行営業所、またはWebサイトから。


このプランで、「名古屋丸の内東急イン」に宿泊した場合の交通費+宿泊費の合計は26700円往復の運賃+料金よりも安くなります。さらに、夜行バスで往復して同じホテルの正規料金で泊まった場合の合計は25800円その差わずか900円です。
スポンサーサイト

テーマ : 格安旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

このページについて

鉄道旅行なび

Author:鉄道旅行なび
おトクに電車を利用する。
そんなとっても値打ちのある旅行商品を紹介するページです!

目次
記事追加情報
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。