スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都・大阪・神戸カジュアルプラン

京阪神と広島間は、およそ300キロの距離。
航空機だと短過ぎるので競合はありませんが、山陽道の開通によって高速バスの台頭が著しい区間です。
WILLER TRAVELが企画・実施するツアーバス「STER EXPRESS」などは、所要時間こそ5時間半ほどかかるものの、大阪~広島間のねだんは片道3800円新幹線「ひかり」指定席利用の同区間の正規運賃+料金は9950円ですから、JRとしてもウカウカできません。
そのせいかどうかは定かではありませんが、この区間にも割安なプランが発売されています。

日本旅行 赤い風船「京都・大阪・神戸カジュアルプラン」は、往復の新幹線と京阪神の宿がセットになったプランです。列車は「ひかり」が基本で、ホテルは大阪42・京都17・兵庫14・奈良3・和歌山10の施設からチョイスできます。
おもなホテルは、「大阪新阪急ホテル」「ホテル京阪京都」「ホテルモントレ神戸」などで、ねだんは1人出発シングル利用で20000円を少し超える程度から。2人以上だとさらに安くなります。
新幹線「ひかり」指定席利用の場合、広島~大阪間の正規往復運賃+料金は19900円ですから、ほぼ交通費だけの金額でホテルも付いている計算になります。
追加料金を支払うことによって「のぞみ」も利用できますが、山陽新幹線の「ひかり」は「レールスター」ですから、指定席だと座席配置が横2-2列。「のぞみ」よりもシートの幅が10センチ程度広く、所要時間も5~10分ほどしか変わりません(1時間半程度)ので「ひかり」利用が得策です。

オプションでのおススメは、何といっても「JR三都物語・周遊乗車票」
京都市内の各駅~大阪市内の各駅~神戸市内の各駅間を連続して乗降り自由で利用でき、3日間有効で1200円!
たとえば、フリー区間の山科~舞子間の正規片道運賃だけで1620円かかりますので、「超」が付くお買い得商品です。
スピードと快適な車内が定評のある新快速を軸に、「京都の保津川下り」「大阪の食い倒れ」「神戸の異人館」そして「明石海峡大橋の夜景」と、関西を存分に楽しむことができます。
この乗車票は、パック旅行のオプションとしてのみの発売で、単独では買えません

このプランは日本旅行のWebサイトからも申込みができます。パンフレットはこちらから。


仮に、2泊3日で大阪新阪急ホテル・シングルルームに宿泊した場合のトータルの価格は、

「京都・大阪・神戸カジュアルプラン」+「JR三都物語・周遊乗車票」=31800円

対して前述のツアーバス「STER EXPRESS」往復+正規宿泊料金2泊分(1泊16,747円×2)=41094円
さらに現地での交通費が別途かかります。

ねだんが4分の3以下で、片道の所要時間は4時間も短い。あなたはどちらを選びますか?
スポンサーサイト

テーマ : 格安旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

このページについて

鉄道旅行なび

Author:鉄道旅行なび
おトクに電車を利用する。
そんなとっても値打ちのある旅行商品を紹介するページです!

目次
記事追加情報
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。