スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本旅行「赤い風船」JR+宿泊セットプラン(その4)

日本旅行「赤い風船」
「旬感満彩(しゅんかんまんさい) 中四国へ行こう 山陰・山陽・四国」


「旬感満彩」は、日本旅行の国内ツアーのブランド「赤い風船」のうち、宿泊のみ、あるいは往復の交通機関と宿泊のみをセットにした、いわゆるフリータイプのツアーの商品名。目的地は、北は北海道から沖縄まで全国万遍なく用意され、主要な宿泊施設はほとんど網羅されています。宿泊先はもちろんのこと、往復の交通機関の選択肢もバラエティに富んでおり、大変使いやすいものになっています。


中国・四国だと、鉄道のほか航空機も用意され、たとえば、片道:新幹線、片道:航空機、といった組合わせも可能です。ねだんは、前回と前々回にご紹介した「のぞみ」限定プランよりも割高になりますが、それでも交通費+宿泊代金の最低15パーセント程度は安くなります
さらに、鉄道好きにとってはうれしいことに、四国方面へは寝台特急「サンライズ瀬戸」、山陰方面へは「サンライズ出雲」も選択肢に加わっており、個室寝台も利用可能。もちろん価格は正規の運賃・料金よりは割安に設定されています。金曜夜に仕事や学校が終わってから寝台特急に乗って翌朝現地入りし、日曜夕方現地発の航空機でサッと帰宅、というプランも作れるわけです。

オプションの目玉は何といっても「ミニぐるりんパス」。これは、JR西日本の企画きっぷ「ぐるりんパス」のフリーエリアだけをばら売りしてくれるもので、往復JR+宿泊プランを購入した場合に限り購入可能。正規の往復きっぷでは入手できません。エリアは、「宮島・瀬戸内」「岡山・倉敷」「鞆の浦・尾道」「松江・出雲」の4種類あり、有効期間は、「松江・出雲」が3日、そのほかは2日となっています。フリーエリア内では、たとえば、「宮島・瀬戸内」ならば広島電鉄全線が期間中乗降り自由ですし、「松江・出雲」では、JRの「周遊きっぷ(山陰ゾーン)」では含まれていない世界遺産・石見銀山へのアクセスバスも期間中乗降り自由です。つまり、セットプラン+「ミニぐるりんパス」で、かつてのミニ周遊券に宿泊がセットされた機能を持つことになるのです。

価格面のメリットでも、「周遊きっぷ」をはるかに凌駕しています。例として、「旬感満彩」のセットプラン+ミニぐるりんパス+「ホテルセンチュリー21」のパックと、周遊きっぷ「広島・宮島ゾーン」+「ホテルセンチュリー21」を比較してみることにしましょう。(ともに東京都区内発着普通車利用、1人出発1人一部屋、週末出発)。

「旬感満彩」:「のぞみ」往復+宿泊34000円+ぐるりんパス3900円=合計37900円

「周遊きっぷ」:往復乗車券17640円+ゾーン券4500円+「のぞみ」特急券往復14420円+宿泊9240円=合計45800円

その差は8000円近くになります。まさに幣サイトの記事、「周遊券+公共の宿(昔)→格安パックプラン(現在)」が当てはまる事例です。

おトクなレンタカープラン「DO!!カートリップ」や、各観光施設の割引クーポンオプションが用意されているのは、前に紹介した「のぞみ」プランと同じです。

このプランは、ここから申し込みができます。パンフレットは最寄りの日本旅行営業所、またはWebサイトから。

それではまた。
スポンサーサイト

テーマ : 格安旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

このページについて

鉄道旅行なび

Author:鉄道旅行なび
おトクに電車を利用する。
そんなとっても値打ちのある旅行商品を紹介するページです!

目次
記事追加情報
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。