スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「TYO」で東京・横浜へ! (1)TYOってなんだ?

 しばらく東海道新幹線が続いたので、今回からは東日本だ!というわけで、地方在住の人には知名度の高い「TYO」のシリーズを取り上げてみようと思います。東日本各地からお得に首都圏へ!


 「TYO」は、JR東日本の旅行商品のブランド「びゅう」のうち、首都圏(東京・横浜)が目的地になっているプランのブランド名です。首都圏に住んでいる人は知らなくても、JR東日本エリアの地方在住なら知っている人は多いはず。いまや「TYOビュー・スイカカード」というクレジットカードまで出てしまう人気シリーズです。JR東日本のオンライン予約「えきねっと」のTYO紹介ページはこちら。

 内容は、新幹線利用の東京日帰りプランから、宿泊がセットになったものや東京ディズニーリゾートへのプランなど、かなり多種多彩。出発地も、秋田・弘前エリア、岩手・青森エリア、宮城・山形・福島エリア、新潟・山形(庄内)エリア、長野・松本エリア、水戸・いわきエリア、高崎・熊谷エリアと、要は関東以北のほとんど全ての場所から設定があります。



 じゃあ実際どんなプランがあるのか?とりあえず例として、仙台発着(JR東日本仙台支社)の「TYO」のページを見てみましょう。
 なんと19種類ものプランがあります。「2名様以上で」というのがやや目立ちますが、もちろん1人で申し込みOKの商品もあり。往復グリーン車利用の高級ホテル宿泊プランや、女性限定のプランなんかもあります。


 さて、気になるのは当然ながらどの程度お得なのか、というところですね。というわけで、試しに上記のページから「TYOエコノミー」の「ホテルメッツ渋谷」宿泊プランを見てみます。

 これは2人以上での申し込みが必要なプランですが、ツインルーム利用での1人当たりの代金は最も安い時期だと21700円です。仙台-渋谷間は、普通にきっぷを買うと東北新幹線の普通車指定席で10190円(大宮経由の場合。東京経由だと10390円)です。ということは、往復で20380円。つまり単純にいえば「ホテルメッツ渋谷」に1320円で泊まれる、という計算です。メッツ渋谷は駅直結の好立地。渋谷で1320円じゃネットカフェでもなかなか厳しいんじゃないでしょうか(笑)。
 さらに、都区内のJR線が1日中乗り降り自由の「都区内パス1日券」というオプションもあり。これは元々付いているプランもあるのですが、付いていないプランでもプラス730円で付けることができます。これはあると便利でしょうね。

 申し込みは電話、インターネットとも出発の5日前まで。ちょっと締め切りが早いのが難点ですが、仙台駅発着プランの場合、インターネット申し込みで、出発当日に駅でクーポンを受け取る方法なら2日前までの申し込みが可能です。なかなか便利なサービスといえるでしょう。


 次回はまた「TYO」の各種商品の中からピックアップしてみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 格安旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

このページについて

鉄道旅行なび

Author:鉄道旅行なび
おトクに電車を利用する。
そんなとっても値打ちのある旅行商品を紹介するページです!

目次
記事追加情報
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。