スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新幹線+宿泊プランを使った大阪1泊2日の旅(その9)

低廉な運賃と快適な車内設備で、すっかり定着した感のある夜行バス。
近年は、従来からの路線バス形態のものに加え、ツアーバスが台頭しています。
路線バスとどこが異なるかというと、前者は「決まった停留所間を定期運行するバス」であるのに対し、後者は「同一行程での旅行を希望する数十人にチャーターされたバス」という点です。
そして、東京―大阪間でも片道3500円などという格安モノが出現しています。
さらに、これらを使ってホテルの宿泊を組み合わせた格安プランも登場しています。

これらは、新幹線とどれほどの差があるのでしょうか?
チャーターバスの大手「Willer Express」と、JR東海系の旅行代理店「JR東海ツアーズ」のプラン同士を比較してみることにしましょう。
条件を合わせるために、宿泊先は「ホテル阪神」食事なし2名1室、現地滞在日は9月2日~3日とします。

(1)バスを利用した場合
プラン名:「Will Pack ホテル阪神スタンダード(素泊まり)

9/1東京22:00頃発→9/2大阪7:00頃着
9/3大阪22:00頃発→9/4東京7:00頃着
所要時間:約9時間

新幹線と仕様をあわせるために化粧室付タイプを選択すると、

一人当たりの旅行代金:15400円


(2)新幹線「こだま」を利用した場合
プラン名:「旅の通販デスク限定めっちゃお得やん大阪1泊/キタ ホテル阪神

9/2東京6:56発→9/2新大阪10:53着
9/3新大阪18:50発→9/4東京22:47着
所要時間:3時間57分

一人当たりの旅行代金:18100円


以上のとおり、所要時間は半分以下で差額は2700円。
とかく高額な印象のある新幹線ですが、それほどでもないのです。
バスの場合、初日が早朝到着で、帰宅日が夜出発ですから、時間を有効活用できるメリットがあるので一概に比較できませんが、所要時間が新幹線の2倍以上。この間に何かと出費もかさむでしょうから、結局のところ総費用は互角といったところではないでしょうか。

もちろん、バスの存在を否定しているわけではなく、上記のように、夜出て朝着く効用性は捨てがたいものがありますが、「新幹線は高い」という理由で検討に値しないものではないことを、ご理解いただければ幸いです。


次回は、大阪でのおトクなパスについて述べることにしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

このページについて

鉄道旅行なび

Author:鉄道旅行なび
おトクに電車を利用する。
そんなとっても値打ちのある旅行商品を紹介するページです!

目次
記事追加情報
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。