スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い風船「宿コレクション大阪・神戸」を使った京阪神1泊2日の旅(その9)

通天閣を出ると、相変わらず少し汗ばむほどの陽気。冷たいものを飲みたくなって周りを見回すと、


喫茶・パーラー「ドレミ」1

昭和から抜け出してきたような看板を発見


喫茶・パーラー「ドレミ」2

通天閣の向かいにある「ドレミ」。今どき「カフェ」じゃなくて「喫茶・パーラー」と名乗っているのがかえって新鮮。メニュー見本のコーラは何と瓶!(笑)


ミックスジュース

東京ではお目にかかることがない「ミックスジュース」を注文

バナナとモモ缶をシロップとミルクでシェイクした言わばミルクセーキの一種。中学生のとき、思いを寄せていた女の子とカップルで映画に行った帰り、喫茶店で飲んだのがこれだった。彼女はそれからまもなく転校して行ったので、デートはそれ1回きりだったけど…

甘酸っぱいジュースの味を甘酸っぱい思い出に重ね合わせて感慨に耽っていると、隣の席に座ったオヤジが「レイコお願い!」と叫ぶ。「レイコ」って、新世界の喫茶店では女の子を指名できるのか?なんて一瞬変な想像をしてしていると、ほどなく運ばれてきたのは「アイスコーヒー」…
そうでした。神戸でも年配の人はアイスコーヒーのことを「冷コ(冷やしたコーヒーの省略形)」と呼んでいたっけ。

いや、懐かしい。幸せなひと時でした。


阪堺電車

ひと休みして元気回復。ガード下に路面電車(阪堺線)の停留所がある新今宮駅から三たび環状線に乗る


西九条駅

西九条でユニバーサルシティ方面の電車に乗り換えて、終点の桜島へ


天保山渡船1

桜島から「天保山渡船」で天保山へ。


天保山渡船2

ここにも外国人観光客の姿が。「天保山渡船」は、桜島と安治川を隔てた大阪港を結ぶれっきとした公共交通機関。そして運賃は何と「無料」


サンタマリア号

大阪港を周遊する観光船「サンタマリア号」と行き交いながら5分ほどで対岸に到着


天保山1

「日本一低い山(海抜4.53メートル)」の看板。登山道や山頂の案内は大阪らしいジョーク満載


天保山2

先に見える「天保山大観覧車」は、世界最大級とか


天保山大橋

再び渡船に乗って桜島へ戻る。向こうに見える橋は阪神高速道路の「天保山大橋」


小さな子供に出会うと「おねぇちゃんと手ぇつなごかぁ」と手を差し出す。
外国人に出会うと「スィー・ユー!ナイス・トリップ!」と微笑みかける…

どこかで聞いたようなフレーズは、同じ船に乗っていた、金色に染めた髪を逆立てた女子高生の行状。
来て良かった、と思わせるとても素敵な光景でした…


桜島線

USJのポスターのような派手な電車で大阪駅へ向かう。今宵の宿は大阪駅直上にある「ホテルグランヴィア大阪」。このあとのチェックインから翌日のチェックアウトまでの様子は、「鉄道旅行なび」の「宿泊体験レポート(Vol.14)」をご覧ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

このページについて

鉄道旅行なび

Author:鉄道旅行なび
おトクに電車を利用する。
そんなとっても値打ちのある旅行商品を紹介するページです!

目次
記事追加情報
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。